徒然なるままに種よし

気まぐれ大学生が送るブログ

【My Way】インソムニア・アーリースプリング

深夜。机にむかってPC作業をしていた。

今度作る動画用に構想と音源を編集する。

根を詰めているのではなく、単純に眠れなかった。3ヶ月で狂った体内時計はそう簡単には治ってくれない。布団にいてもあれなので、いっそのこと起きることにしたのである。

イヤホンで音源を聴きながら、ノートにメモを取っていく。

いつもの手順。でも、この作業をするのは久しぶりな気がする。秋の文化祭が終わって以来、あまりやっていなかった。卒論とかダブルワークで時間が取れなかったこともそうだが、個人的に自分表現することが怖くなっていた節がある。

 

去年の4月に自分のやりたいようにやっていくと決めてから、コンテンツ制作の勉強を本格的に開始して自分で色々と作るようになった。大学のミスターコンテストにも出て、自分を表現してみた。結果も残り、挑戦する中で自分にも環境にも変化があった。

この1年はコンテンツ運用のテストにもなったし、色々と学ぶことが多かった。何より本音で話せるようになったことが一番嬉しかった。

ただ、自分を出すということは人から批難されることにもなるわけで、自分の活動に対して勝手なイメージを持たれることも多々あった。賛同してくれる人もいれば、離れていく人間もいた。

これまで静かにしていた人間が急に活発になれば、それは勘違いもされる。仕方ないことだと割り切りながらも、傷ついてしまった。急な環境の変化にも疲れてしまい、いつの間にか弱気になっていたのだ。

 

そう言った意味ではこの3ヶ月は普通の生活だったような気がする。ミスターコンテストの全国大会もあったが、時間が取れずにほとんど惰性で終わってしまった。

朝起きて、バイトして、友人とだべる毎日。気楽で楽しい。

でも、それだけ。あえて以前の生活に戻ってみたけど、味気なく感じてしまった。

やっぱり自分がやりたいことはやった方がいい。多少辛くてもその経験の上で楽しみたい。

表現していこう。口下手な分、動画と写真で、言葉でも。

まずは大学生活最後の1年を4つの動画にまとめる。恥ずかしいし、イタくなるけど、脚色なしのリアルで表現した方がいい。

残念なことにこの大学には自分のやりたいことはなかったけど、この4年で”映像”がやりたいことだってわかった。

だからせめてこの大学生活は動画で締めくくりたい。